ユーロトンネル


■ The channel tunnel between Britain and France

□ The tunnel linking Britain and France across the Straits of Dover is operated by a company called Eurotunnel, but in British English at least it is a solecism to refer to the tunnel itself as "The Eurotunnel". It is either the "channel tunnel", or informally the "Chunnel". (On the French side the signs say "Tunnel sous la Manche.") However, in Japanese the use of the company name to refer to the tunnel appears to be "official". For example in the NHK translation of the BBC news, where the English distinguishes the tunnel from the operating company, both are rendered in Japanese as ユーロトンネル.

This dictionary entry for 英仏海峡トンネル (on the face of it, the "proper" name) actually says 「正式にはユーロトンネルという。」, and the fifth edition of the dictionary 広辞苑 also says that ユーロトンネル is equivalent in meaning to 英仏海峡トンネル.

◇ In the following two examples from Saga Shimbun, ユーロトンネル means the tunnel:

スウェーデンとデンマークの間のエーアソン海峡を横断する道路と鉄道が一日開通、北欧諸国と西欧が陸路でつながった。英国とフランス間のドーバー海峡を横断するユーロ・トンネルとともに市場統合が進む欧州の大動脈となりそうだ。(2000年07月02日)

世界有数の軟弱地盤といわれる東京湾底でのトンネル掘削工事では、公団などは英仏間のユーロトンネルより大きいシールドマシンなど最先端の技術を駆使して難工事に取り組んだ。(1996年12月23日)

In the next example, ユーロトンネル refers to the operating company:
11月18日の火災事故でほとんどの運行を停止していた英仏海峡トンネルの運営会社ユーロトンネルは3日、旅客列車の運行を4日に、乗用車・バス運搬列車は10日にそれぞれ再開すると発表した。(1996年12月05日)
Here, the company is referred to as ユーロトンネル社:
英仏海峡トンネルを運営するユーロトンネル社は、十二日から英国、欧州で専用列車「ルシャトル」の切符を六千四百の旅行代理店などを通じて一斉に売り出す。(1994年01月13日)


This entry was created by Brian Chandler, with additional examples added by Tom Gally.


Created 2001-09-01.


jeKai Index Home