ゲバ, ゲバルト


■ ゲバ refers to violent tactics used by political radicals, either in confrontations with police or in internecine feuds. It is an abbreviation of ゲバルト, which is used in the same meaning.

□ ゲバルト comes from the German word Gewalt, which a German-English dictionary glosses as "act of violence."

Two words formed from ゲバ are 内(うち)ゲバ, which refers to a violent internal dispute within an organization, and ゲバ棒(ぼう), a heavy stick or pole used by demonstrators as a weapon during clashes with police.

The words ゲバ and ゲバルト and their derivatives seem to have come into use in Japanese during the student disturbances of the 1960s.

◇ マス子「貴方(あなた)のすべり止(ど)めで受(う)けた大学(だいがく)の内ゲバで死人(しにん)出(で)てまし たけど・・・・」(Web, September 2000)
Masuko: Someone was killed in an internal political dispute at the university that was your second choice.

革マル派は権力と戦うよりも内ゲバに精を出し、結果としてほかの新左翼セクトから総すかんを食っている。(Web, September 2000)

山手線鶯谷駅前で女性刺され死亡 革労協の内ゲバか?
 30日午前8時15分ごろ、東京都台東区根岸1丁目のJR鶯谷駅南口前の歩道で、「けんかで女性がめった刺しになった」と駅員から119番通報があった。警視庁公安部の調べでは、女性は過激派の革労協の活動家で明治大生協職員の住所不詳片山美恵子さん(48)とみられ、刃物で腹や腕など数カ所を刺されて倒れており、病院に運ばれたが約5時間後に死亡した。警視庁公安部は下谷署に捜査本部を設置し、殺人容疑で調べている。
 同派は昨春分裂した後、内ゲバ事件が相次ぎ、死亡者は全国で計6人となった。
〔Asahi Shimbun, August 30, 2000)

1967年10月8日、佐藤首相の南ベトナム訪問を阻止するため中核派、社学同、解放派からなる三派全学連を中心とする部隊は羽田周辺に集結。はじめてヘルメットと角材で武装した。社学同、解放派部隊900人は鈴ケ森ランプから高速道路上を進撃。ゲバ棒を振るい、60年安保闘争以来はじめて機動隊の阻止線を撃破し実力で突破した。...この闘い以後、いわゆる三派全学連は勇名をはせ。ヘルメットとゲバ棒で武装した新左翼のデモ隊と機動隊との激しいゲバルトが一般化した。(Web, September 2000)


This entry was created by Tom Gally, with additional contributions by Edwin Whenmouth.


Created 2000-09-01. Addition of 南西アジア suggested by EW 2000-09-03.


jeKai Index Home