アジア【亜細亜】

1. Asia
2. something more or less than Asia


1. Asia

■ In its dictionary sense, アジア corresponds precisely in meaning to the usual dictionary meaning of "Asia" in English, that is, the full continent of Asia, including Russia east of the Urals, Turkey east of the Bosporus, the Arabian peninsula, the Indian subcontinent, Japan, Taiwan, Sri Lanka, etc. See the dictionary definitions below.

□ The kanji version of the word (亜細亜) occurs occasionally in proper names, but it is rare in running text.

アジア [Asia] 六大州の一。東半球の北部を占める。世界陸地の約三分の一にあたり、ヨーロッパ州とともにユーラシア大陸をなす。南北はインドネシアからシベリア、東西は日本からトルコおよびアラビアにわたる地域。ウラル山脈・カスピ海・カフカス山脈・黒海・ボスポラス海峡によりヨーロッパと画され、スエズ地峡によりアフリカ大陸に接する。
(From the definition in the Japanese-Japanese dictionary 大辞林(だいじりん), second edition, 1995)

Asia largest continent, situated in the Eastern Hemisphere, bounded by the Arctic, Pacific, and Indian oceans, and separated from N Europe by the Ural Mountains: it includes, in additions to the nations on the land mass, Japan, the Philippines, Taiwan, Malaysia, & Indonesia
(From the definition in Webster's New World College Dictionary, fourth edition, 1999)


2. something more or less than Asia

■ In actual usage, アジア often refers to a specific subarea of Asia, particularly China, Korea, Taiwan, and the countries of Southeast Asia, that is, the Asian countries with which Japan has had active cultural and economic ties. Eastern Russia is usually excluded from アジア in this sense, as are the countries of central, south, and western Asia.

Sometimes アジア also includes countries that are not considered part of Asia in English, such as Australia or New Zealand.

□ The elasticity of this sense of アジア has several likely explanations. One is simple geographic ignorance; average Japanese, just like average people in most countries, often have only a vague concept of where countries are located on the globe. But in many cases the narrower or broader meanings of アジア reflect a practical conception of which countries share certain characteristics. From the Japanese point of view, China, Korea, Taiwan, and some countries in Southeast Asia share certain important properties with each other and with Japan, including religion (particularly Buddhism), the facial features of their peoples, and strong economic ties to Japan, that are not shared by, for example, Afghanistan or eastern Russia. The inclusion of Australia or New Zealand with Asia may be due to the standard opposition of アジア versus 欧米(おうべい, Europe and America), and anything that is not 欧米 is considered to be part of アジア (except Africa, which is usually ignored in such simplistic divisions of the world).

Whatever the reason, it is important to remember that アジア and "Asia" do not necessarily mean the same thing.

It should also be noted that 日本 is sometimes used in contrast to アジア (though in many cases only as a convenience and not as an indication that Japan is not considered part of Asia), that 東南〔とうなん)アジア sometimes refers to Southeast Asia and sometimes refers to South, Southeast, and East Asia, and that 南西(なんせい)アジア refers to the Indian subcontinent, what would be called "South Asia" in English.

◇ 初日前半のテーマは「アジアの経済発展と地域協力」。タイとインド、ベトナム、ミャンマーなど新興成長国の経済、外交責任者が現状、課題と域内協力の構想を明らかにした。(Web, August 2000)
(This is a typical use of アジア to mean countries of South, Southeast, or East Asia but not western or northeastern Asia.)

さらに、最近のアジア料理に関するクッキング・ブックは、中華料理、インド料理、タイ料理といった各国料理別の専門書から、「ザ・フード・オブ・アジア」、「ア・テイスト・オブ・ザ・イースト」といった名前のついたアジア全般の料理を広く紹介するスタイルの本が主流となっている。(Web, August 2000)

夕方からインド料理のお店に集合して飯を食べる。
ボクはアジア料理が大好物。食べまくりのラッシー(ヨーグルトみたいなの)のみまくり。(Web, August 2000)
In the above two examples, アジア料理(りょうり) "Asian food" includes the food of India, but in the following table Indian food is listed as "other.")

アジア料理スパイシーでライトなタイ、日本、雲南、四川料理
サウス・ウェスト/メキシカン料理テックスメックス、プエブロ、メキシコの地方料理
地中海料理シシリー、サルデニア、北アフリカ、ギリシャ、トルコ料理
アメリカの地方料理ケージャン/クレオール、南部、ニューイングランド、チェサピーク・シーフードなど
中央ヨーロッパ料理プラハ・ビア・ホール、ドイツ、ポーランド、ロシア料理
フレーバーをテーマにガーリック、胡椒、マリネード、スパイシー・サラダ、ベジタリアン、ラップ料理
その他アフリカ料理、インド料理
(Web, August 2000)

東京を含む全国十三都市の日本公演と、台湾、オーストラリアなどのアジア公演を経て、欧米各国に舞台を移し、来年六月まで巡演される予定だ。
〔読売新聞 97/02/26 東京夕刊 特集面 06段)
(Found here in August 2000. In this newspaper article, Australia is considered to be in Asia.)

ITの主力、アジアは若者
アジア諸国では情報処理技術者の過半数を20歳代が占めたのに対し、日本では30歳以上の中年男性が主力なことが分かった。(Headline and lead sentence of top story at Asahi.com on September 14, 2000)
(In this example, Japan is being contrasted with アジア.)

余談ですが、今のTVアニメのほとんどは、動画を韓国などの東南アジアの国に発注しています。(Web, August 2000)
(Here, Korea is treated as part of 東南アジア.)

ヨーロッパで1年くらい生活するのが夢ですが、 今は無理なのでシンガポールや中国、韓国、タイ、インドなどの東南アジアに行ってみたいと思います。(Web, August 2000)
(Here, 東南アジア includes China and India as well.)

東南アジア諸国に対する親近感
 東南アジア諸国(タイ,インドネシアなど)に親しみを感じるかどうか聞いたところ,「親しみを感じる」と答えた者の割合が39.2%(「親しみを感じる」8.7%+「どちらかというと親しみを感じる」30.5%),「親しみを感じない」と答えた者の割合が50.2%(「どちらかというと親しみを感じない」29.2%+「親しみを感じない」21.0%)となっている。なお,「わからない」と答えた者の割合が10.6%となっている。(Web, September 2000)
(In this excert from a government report, 東南アジア means "Southeast Asia" and does not include India, China, or Korea.)

印パ両国の核保有は、地球上でいまや南西アジアがもっとも危険な火薬庫になったことも意味する。(Sankei Shimbun, 98.05.29, found on the Web in September 2000)
(印パ means "India and Pakistan," which are said here to be in 南西アジア.)

南西アジア諸国に対する親近感
 南西アジア諸国(インド,パキスタンなど)に親しみを感じるかどうか聞いたところ,「親しみを感じる」と答えた者の割合が21.0%(「親しみを感じる」3.3%+「どちらかというと親しみを感じる」17.7%),「親しみを感じない」と答えた者の割合が66.7%(「どちらかというと親しみを感じない」38.2%+「親しみを感じない」28.5%)となっている。なお,「わからない」と答えた者の割合が12.3%となっている。
(From a government report found on the Web in September 2000)

JASIC(日本アジア学生交流センター)は、日本アジア(主にベトナム、フィリピン)との学生間の相互理解・平和友好交流をすすめることを目的とした活動をしている団体です。(Web, August 2000)

(財)アジア学生文化協会は故穂積五一氏(初代理事長)によって1957年に設立されました。日本アジア諸国の青年学生が共同生活を通じて、人間的和合と学術、文化および経済の交流を図ること、そしてそれによってアジアの相互理解と世界の平和に貢献することを目的としています。(Web, August 2000)

本書は史実を語ることによって、日本人アジア人との深い断絶、その深層に潜む近代日本人のアジア観を、 アジア人の立場から解明している。(Web, August 2000)
(The above three examples may seem to suggest that 日本 and 日本人 are not considered part of アジア and アジア人, but in fact アジア is likely just shorthand for "Asia except Japan." In the next two examples about China, アジア is shorthand for "Asia except China.")

中国地域は、アジア諸国と歴史的にも地理的にも極めて近い位置関係にあり、すでに海外展開を行っている企業も含め、多くの企業がアジアとの関係強化を検討している状況にあり、今後の企業の国際戦略を考える上で、アジア諸国との望ましい関係のあり方を研究する事は、地域の喫緊の課題ともなっています。(Web, September 2000)

97年後半にアジアの一部の国々が通貨危機に陥ったにもかかわらず、同年の中国輸出額は依然として前年より21%(うちアジア向けは19%)も増加した。しかし、98年に入ってから危機の拡大に伴い、中国の輸出は伸び悩みから対前年比減少に転じ、10月の減少幅は17.3%にも達している。いま一つの注目点は、輸出市場別の明暗である。つまり、韓国、ASEAN、日本などアジア地域向けが減少している(1−10月の累計で前年同期より8.6%減)のに対して、米国とEU(欧州連合)向けが大幅な増加を見せている(同14.2%と18.8%増)。(Web, September 2000)


This entry was created by Tom Gally, with additional contributions by Jim Lockhart and Richard Peterson.


Created 2000-08-31. Additional examples added by TG 2000-09-14 and 2000-09-21 at JL's suggestion. Ambiguous example removed, as pointed out by RP 2000-10-14.


jeKai Index Home