みずしょうばい【水商売】


■ In the broadest sense, 水商売 can refer to almost any business with variable income that depends on the whims of customers, including restaurants, taxis, etc. In most cases, though, the word refers specifically to drinking and entertainment establishments such as バー "bars," パブ "pubs," スナック "small bars that serve food," キャバレー "cabarets," クラブ "clubs," キャバクラ "cabaret-clubs," etc.

□ Prewar dictionaries listed prostitution as being one type of 水商売, but now the explicit sex trade (風俗(ふうぞく)) is usually distinguished from 水商売, though the boundary between the two is not always clear.

As some of the examples below suggest, the people who work in 水商売 can often be recognized by their appearance and manner, especially the women's flashy clothing and make-up. 水商売 businesses are sometimes linked to the criminal underworld. Although 水商売 businesses are patronized by people from all walks of life, those who work in 水商売 are often regarded as separate from mainstream society.

The literal meaning of 水商売 is "water business." The origin of the term is disputed. Some sources say it dates from the Edo Period, when tea houses in the 西両国(にしりょうごく) riverside area of what is now Tokyo advertised cold water for sale during the summer but actually provided sexual services. Others make the water connection to 泥水(でいすい), which literally means "dirty water" but also refers to the sex trade. More benign suggested etymologies include the similarity between the business's uncertain income and the flowing of water, and the notion that 水商売, which attracts fewer customers during rainy weather, is "selling water," and nobody comes to buy the product when water (i.e., rain) is free.

◇ いまのわたしにとっては本業は風俗で、水商売は、あくまで気晴らしにとどめておきたい「楽しいアルバイト」なのだ。
(From the diary of a female sex worker, found on the Web in August 2000. Note the clear distinction made between 風俗 "sex businesses" and 水商売.)

昨春に某大学を卒業しましたが、希望の会社に入社できず、パブでアルバイトしています。短期間のつもりでしたが、今は副店長としてフロアを仕切っています。最近になって親のコネで中堅の食品会社へ就職が決まりそうなのです。うれしさ半面、気楽な生活を送ってきた自分が、サラリーマン生活になじめるか不安です。このまま水商売を続けるのも不安です。

私の職業はPUB従業員です。PUBにはさまざまなお客様が日ごろのストレスを解消しにいらっしゃいます。お客様層はサラリーマンから水商売のおねーちゃんまでそんな方たちのお相手をするのが私の仕事です。

水商売の人間の価値はある意味誕生日の売上とドンペリとお花の数で決まると言っても過言ではありません。

自宅で子供の側にいて、できれば一人前に収入を得たいと言うのが現在の私の希望です。そのひとかけらの夢の為に会社を4時間早退し、その会社のある池袋に行ってまいりました。その会社の受付嬢の印象はやはり「普通の会社じゃない」でした。場所柄そう思ってしまったのでしょうが、色々な人に会った事のある私は第一印象はあんまり間違っていないのです。水商売の方みたいでした。

同期で入る人達のことが少しわかりはじめた今日この頃ですが、頭が坊主でガタイの良い怖そうなお兄さんとか、お水商売が良く似合う金髪の派手な人は何?何でこんな人達がいるのでしょうか。

ニッパチとと言っても2800円のことではない。2月と8月のことである。これらの月は、水商売が儲からない月と言われているのである。

Kちゃんとバイトしたいねーとかいろいろ、ごはん食べながら話してた。 Kちゃんはフリーターなんだよね。(わたしもか)。適当にバイトで稼いで、遊んで暮らしたいと言っていた。ほんと、稼げるんだったら水商売でも援助交際でもいい気はするんだよね。わたしは愛想ないし向いてないと思うから 本気でやろうとは思わないけど。

後方座席に座っていると、頭ぐりぐりに剃ったおっさんとハタチくらいの水商売っぽい女の子が、あせったようすで通路をこちらに進んでくる。


This entry was created by Tom Gally.


Created 2000-08-14.


jeKai Index Home