こくたい【国体】

■ abbreviation of 国民体育大会
■ national situation
■ system of national sovereignty
■ Japan under Imperial rule


■ The 国民体育大会(こくみんたいいくたいかい), abbreviated 国体, is an amateur athletic meet held three times a year. Each prefecture sends competitors, and the location of the meet rotates among the prefectures. The sports include track and field, swimming, golf, gymnastics, basketball, hockey, and ice skating. The first 国体 was held in 1946.

社会人になっても、県の選手権では、2度くらい3位になった事はあったが、国体予選はいつも一次予選で敗退。(Web, June 2000)
After I started working, I won third place in a couple of prefectural competitions, but I was always knocked out in the first round of the national athletic competition qualifying meet.

■ a country's situation or condition

This meaning seems to be used primarily in specialized contexts.

本来、自由、平等、機会均等な安定した社会を作る、一つの「手段」にすぎない民主主義が、あたかも目的であるかのように扱われる傾向が、最近特に顕著になってきているからである。民主主義社会に至るまでに、当然くぐらなければならないさまざまな段階を無視し、それ自体には何の実体もない民主主義という政治理念の導入を急ぐあまり、逆に国体の安定を損ねている国は、枚挙にいとまがない。たった一回の民主選挙がきっかけで政治バランスが崩壊し、内乱に突入してしまったブルンジなどは、その好例であろう。(Web, June 2000)

■ a country's system of national sovereignty, such as monarchy, republic, etc.

This meaning also seems to be specialized.

サウジアラビアの国防は三段階になっている。まず陸海空軍からなる正規軍である。ついでサウド家を支えるためのサウジ人だけからなるナショナル・ガードと呼ばれる組織が皇太子の指揮のもとにいわゆる国体の護持に当り、さらにカネ目当ての志願兵からなる国境警備隊がある。こうした複雑な治安組織が、2000年問題を迎えた社会でどこまで機能するであろうか。 (Web, June 2000)

現在、改革あるいは民主化の声が高まる中で、政治関連諸法の改正、政治犯の釈放や名誉回復、報道の自由化、結社の自由化などの要求が出ているのは、スハルト支配体制に対する批判と反動である。いずれはスハルトによる憲法とパンチャシラのねじ曲げがあったとして憲法解釈の是正があろう。しかし、憲法の改正などによる国体の変更はないであろう。その理由は、国軍が政治経済に関与することを正当化する「二重機能」を温存する必要性が高いからである。

■ Japan under the rule of the Emperor

The word 国体 was used in this sense, especially just before and during the Second World War, to describe Japan as a nation under the moral, spiritual, and political dominance of the Emperor. It is still used in this meaning by political rightists and nationalists, though otherwise it appears primarily in historical contexts. Several references, including 國史大辞典, comment on the term's vagueness and lack of clear definition. It has been translated into English as "national polity," "national essence," and "kokutai."

国体明徴(めいちょう)問題
(a 1935 dispute over the role of the Emperor)

日の丸・君が代は歴史的にはどうしても戦前の天皇制国体、軍国主義を連想させてしまうのである。戦後の新たな出発点で変更すればよかった。(Web, June 2000)

森喜朗首相は5日午前、奈良市での3日の演説会で「どうやって日本の国体を守ることができるのか」と発言したことについて「失言でも何でもない」と述べ、失言との認識を持っていないことを明らかにした。首相官邸で記者団の質問に答えた。...
国体」という言葉の意味については「国体とは国のあり方、国家体制ということだ。(自民党の)幹事長、政調会長時代も使っている。昔の国体(=天皇を中心とした国家体制)と結びつけては、話していない」と語った。(Asahi Shimbun Web site, June 5, 2000)
(As shown by the above example, the meaning of 国体 became a political issue in June 2000. After being attacked for using the word, the Prime Minister Yoshiro Mori claimed that he had not intended it in the sense of an Emperor-centered country but merely in one of the other senses listed above.)

森総理がまた奈良で「国体」について言ってくれたみたいだし、朝から気分がいい(^^)。(Nationalist message board, Web, June 2000)

教育ニ関スル勅語(教育勅語)
朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ徳ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我ガ 國軆ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ徳器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣ノ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重ジ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉ジ以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラズ又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顕彰スルニ足ラン斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ挙挙服膺シテ咸其徳ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ
明治二十三年十月三十日
御名御璽
(This statement of educational policy was issued by the Meiji Emperor in 1890 and was memorized by schoolchildren until the end of the Second World War. In this version, 国体 appears in the original kanji.)


This entry was created by Tom Gally, with additional contributions by Yuno Hanlon and Emily Shibata-Sato.


教育勅語 added by ESS 2000-06-16.

jeKai Index Home