あおい【青い, 蒼い, 碧い】

■ blue, green
■ pale, sickly
■ inexperienced


■ the color blue or, occasionally, green

In most cases, this adjective describes colors that would be called "blue" in English. However, green traffic lights are called あおい, not みどり, and green foliage is often called あおい. Related words include あお【青】, みどり【緑】, and ブルー.

青い海
the blue ocean

碧い空
the azure sky

ふと前方を見上げると、いつのまにか信号が青になっていた
When I looked ahead, the signal had already turned green.

最近青いものしか食べてない
Lately I've been eating only green vegetables [literally, "green things"].

HyperEditの使い方は、たとえば、”永島”という見出し(H1とか)を作りたいとき、まず、永島を、マウスでドラッグして選択します。(青くする) [Web, May 2000]

なんかカラーコンタクトとかいう記述があるんだけど、ジャンヌの時の目って青いんだっけ? たまに青くなかったりするものがあるからなぁ。 [Web, May 2000]

けふは朝から些つとも風のない日で、暮春の空は碧い玉を磨いたやうに晴れかゞやいてゐた。『半七捕物帳(第一話)』(岡本綺堂)

コニシ君は青い顔していました。この場合の青というのは、青虫的な回りくどい意味合いのそれではなく、ピュアな青、ブルーハワイの色です。[Web, May 2000]

■ pale, sickly

When used to describe a person's appearance, あおい suggests that the person is sick or frightened.

青い、死人のような顔
a pale face, like that of a dead person

血の気のない青い頬
pale, bloodless cheeks

母は灸を抱き上げて揺《ゆす》ってみた。灸の顔は揺られながら青くなってべたりと母親の胸へついた。『赤い着物・蠅・笑われた子』(横光利一)

「そうさ。京都へ来てから大変丈夫になった。来たては随分蒼い顔をしてね、そうして何だか始終おどおどしていたようだが、馴れるとだんだん平気になって……」『虞美人草』(夏目漱石)

ディックが青い顔になりながらも内蔵を抜いたウサギを、今度は二人がかりで奮闘の末に皮をはぎ、ドロシアがありあわせの材料で料理を始めます。[Web, May 2000]

■ inexperienced, naive, not having enough training or knowledge

At least two explanations have been offered for the relation between あおい and inexperience. One is that an inexperienced person is unripe, like green (あおい) fruit (日本国語大辞典). Another is that "it comes from お尻(しり)はまだあおい and refers to the mongol birth stain on the behinds of children that are prominent at birth and gradually clear away completely on at age 5-7 or so. If your behind is still blue, you're still an infant." (Roger Williams).

私の考え方が青いのかな
Maybe my thinking is naive.

俺なんかお尻まだ青いよ。
I'm still wet behind the ears.

レイコ 「ツヴァイから一人用のバスルームを使う許可をもらったみたいよ」
こずえ 「なんで?胸が小さくて恥ずかしいからかな?あっ、お尻にまだ青いあざが残ってるとか」
(Web, May 2000)

それにしても初恋って、まだ異性に対してあんまり免疫がないんで、結構真っすぐで すよね。
まだまだ、お尻が青かった頃の思い出。
エッ、まだ青いって?
(Web, May 2000)

あれは私の若葉の時代、
分別は青くさく、情熱も湧き立たぬころの話だわ、
そんなことを言ったのは!
(小田島雄志's translation of Shakespeare's "My salad days, When I was green in judgment, cold in blood, To say as I said then," Anthony and Cleopatra, Act 1, Scene 5)


This entry was created by Tom Gally, with additional contributions by Benjamin Barrett, 惣坊均, Roger Williams, Yuno Hanlon, and Jim Lockhart.


jeKai Index Home